忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我們一起感受春天


清明節小長假很快就要過完了,明天就要上班了。老公說:“今天的天氣格外的晴朗,我們不妨到外面走走,伸伸胳膊,踢踢腿,對你的頸椎,胳膊都有好處”我很贊同。我們穿戴整齊,關門,鎖門,走出戶外。走在大街上,微微的驗窗風輕輕的吹在臉上,感到一種清爽的暖意,真是“吹面不寒楊柳風”那是春的撫摸呀。

路邊的小草也不甘寂寞,探出腦袋,左右張望,在“偷聽”人們說話。春姑娘牽著蜜蜂的手,邁著輕盈的腳步,迎著金燦燦的陽光,把一件五彩的衣裳披向大地,頓時,花兒紅了,草兒綠了,處處是鳥語花香,春色濃濃。

在四季中,我最喜歡春天,她帶給人們的不僅是色彩斑斕,美輪美奐,更是帶給人們的一種希望和活力。路上來往的行人很多,有三五成群的城野醫生孩子們,年輕人,老人們,誰都不想錯過這個好天氣,出來活動活動,散散心,愉悅愉悅心情!說話間,不知不覺我們來到了公園。 公園裏的的人很多,(因放假)因各自的喜好不同,有的喜歡照相,有的喜歡打鬧,有的喜歡站在小河邊看釣魚的,老人們喜歡坐在臺階上曬太陽,拉家常,整個公園熱鬧起來了。

你看,孩子們的動作是那樣的敏捷、麻利,麻利的像猴子,三串兩串的弄下柳條,編成花環,戴在頭上,那一副神氣勁,甭提多高興了。幾對戀人,倚在欄杆上相擁,親吻。生活、婚姻對於他們80後,90後的年輕人是那樣的幸福美好,讓我好羡慕!眼前的場景,讓我聯想,誰能把這春天的味道說盡? 誰又能把這春天的故事道完?我站在小河邊,任自己沉寂在無邊的春色裏,醉了,真的醉了,醉在了這如詩如畫的意境中。

我喜歡春天,愛春天。春天是一首詩,春天是一支歌,春天是我們眼中的藍天碧水,春天是孩子們手中的悠悠風箏,春天是一抹動人的新綠,春天她把友情、溫暖、愛恨、得失像珠子一樣串連,編成一條美麗的項鏈,永遠絢麗著……

春天不是屬於哪一個人的鼻敏感,是屬於大家的,朋友們趕快打起行囊,走進春天吧,去感受春天的美麗,去聆聽春天每一個生命萌發的聲音。春天不論走到哪兒,哪兒就流淌著春意。
PR

念君之切切,只為生生世世的夢


我是你來時路上的一棵樹,我用前世千年的修為化為一棵能夠默守在你世界的樹,只為完成前世的夙願----陪伴在有你的世界。

春之際,褪下冬之素妝,懶懶的伸腰,切切的盼望,我把思念開成花朵。每次的落淚,都會是一場鋪天蓋地的花雨,紛紛揚揚的都是我的Cellmax 科妍美肌再生中心思念,而這一切,只為你嗅到我的芬芳,感知我存在你的世界。你的一句“這花好香啊!”卻能讓我興奮許久。

夏天,我把思念化為深綠的葉,寬寬的厚厚的,瘦弱的身軀承受不住這相思的重量,葉壓著我的軀幹,沉重的喘不過氣來。炎日當頭,好像這溫度要毀了一切,你總喜歡在我下面乘涼,當然陪伴著你的還有她,你們相偎相依,甜言蜜語,而我所能做的僅僅是傻傻默望你們的幸福,繼續向你們提供我的陰涼。舍不得陽光傷害到你,我努力撐起自己的葉,一把嚴嚴實實的大傘頂在你們的頭上,但我最幸福的莫過於此刻的守候。夜已經很靜了,只有點點蟲鳴,星星像貪睡的孩子,欣欣然睜開眼睛,月亮打著哈欠,我屹立在這一望無際的黑暗裏,想念著你,懷望我們的過往。不經意間,晶瑩的液體滑落下來,打濕了葉。夜已經很深了,我卻久久不能睡去,你還在我的思念裏活躍,一遍遍,一遍遍……是否,我會出現在你甜蜜的夢裏?我癡癡的想。

終於,秋天還是來了,我害怕秋天,她就像強大的惡魔,無情地脫光我的衣服,她好像很憎恨一切美麗的東西。我卻痛得哭不出來,但最痛的是你不會再來樹蔭下乘涼,我看不到你洋溢著陽光的笑,更感受不到你春天般的氣息。我孤單極了,害怕極了,黑夜裏不再有美麗的夢,連平日裏唧唧喳喳的山雀也不知所蹤,只有星星點點,稀稀疏疏,微弱的光照出夜的猙獰。夜,死一般的寂靜,靜得只聽到心裏淚水泛濫的聲音。多少個夜,我默默地閉上眼睛,虔誠的祈禱著:明兒你會打我身邊走過,我的落葉會像蝴蝶一樣盤旋在空中,伴著思念漫舞,你會俯首然後拾起一片,心疼的惋惜……可是這終將只是夢,一場可笑的不切實際的夢,多少次的守望,而你的身影卻始終不曾出現。

冬天,一切變得更安靜了,整個世界銀裝素裹,一切喧鬧都被洗滌幹淨,世界沒了氣息,沉沉的睡去。我盼望著,盼望著會有一天,在這一望無際的白色裏,會有你一串串的腳印,可是那腳印卻只曾出現在我的幻想中。一年的思念,一年的守候,我累極了,我艱難地閉上眼。幸運的是在夢裏我不會寂寞,在夢裏又可以看到你,你的身影,你的輪廓,你的微笑,還有那漫天的陽光,我只敢淺淺的笑,深怕嚇走了你,破碎了夢,怕你不再從我身邊走過。

我時常憶起那從前,親昵地依在你身旁,說說天長地久,道道海枯石爛,而現在我只能卑微的做一棵每天守望你,期盼你的樹,就這樣,日複一日,年複一年,時間在變,空間在變,不變的audio cables是我守候的心,歲月增加了我的厚重,也增加了我的思念,我用這一世的守候,只願來生還是一棵樹,守候著你,把你藏在最深處。

念君之切切,只為生生世世的夢。只願在滄桑輪回裏,做一個沉默的守望者。

我理解的愛情


在寺院裏,每日上殿、讀書、勞動。慢慢的,對性別的關注會少一些。看待一個人的時候,有時會忘記他是男性、女性或是他的外貌,仿佛人與人之間的相處簡化到了一種更質樸的層次。想到社團裏許多同學都在思考愛情的問題,又回想起自己以前的經曆,這幾天有一些想法,就記錄下來。

愛情是一種緣分,從這個緣分中可以開出美麗的生命之花。愛情讓冰冷的心溫暖,讓平凡的靈魂燃起對真善美的憧憬。然而這花朵是需要細心栽培的。我們會一次次地想象未來美好的生活,卻不知如何珍惜現在,結下未來的因緣。邂逅是緣分,相聚只一瞬間。如果每一次相聚本身不能讓生命滋潤和升華,只是充滿了渴求與不安,只是在意對方對自己的看法、恐怕失去,我們何以期待並不可知的下一次或遙遠的未來呢?

我們會覺得對方很美好很單純,卻不知如何讓這種美好延續。不幸的是,我們看到美好的東西就會想到去占有。我們的內心缺少一份敬意。敬畏什麼呢?敬畏變化,敬畏成長,敬畏每個人不變的本真。楚王看到神鳥,將她帶回宮殿,給她最好的飲食音樂的享受,他很愛神鳥,卻不敬畏神鳥的天性。一個牧羊的孩子,在無意見看到神鳥飛過天空,那豔麗的色彩深深地震撼了他的心。他跪下來祈求上蒼,他不知自己要祈求什麼,他只是敬畏這高遠而超拔的生命。這個孩子入山修行,許多年以後,他已能乘著飛龍在雲端翱翔了,卻常把自己變作乞丐的樣子,在市鎮裏遊走,唱一些奇怪的歌,偶爾驚醒沉睡中的人們。夜裏,他出現在最繁華卻又最平凡的街道上,萬家燈火如雲如霧,從他的心間流過,了然無痕。他偶然來到楚王為神鳥修建的墓前,墳墓很輝煌,神鳥生前的樣子熠熠如生地凝固在一尊塑像上。他深深地鞠了一躬,唱道:“她已走了,我卻還在。我也將走了,有什麼永不離開?”

她已走了,在我心中留下的,便是我的成長。當我也走了,那永不離開的,便是永恒的大愛。生命曾經冰冷孤寂,因為愛而綻放光輝。如果這花朵已經綻放,它可以不再擔心什麼,不再尋覓什麼,由一個人的愛,看到千百年來在人類心中湧動的愛的暖流,可以坦然面對一切。可是沉浸在兩個人的世界裏,不久便凋零了,即使不凋零,也如盆栽的花朵,離開了大地母親,只能供遊人賞玩,無法展現生命的本然了。

愛是讓生命成長的。不是放棄真實的自己去順從別人的喜好——那是外在的形式,失去了生命之真,何以能深入心靈呢?“君子和而不同”,需遺忘形骸,尋求那相與中的靈動,成長中的默契。那不同正是互相學習的地方呢:對方的優點正是讓我補足自己缺失,對方的缺點正是磨練自己的忍耐與愛心。成長需要時間,寬容自己和對方吧。若有兩顆活潑的心,兩顆像春天的芽一樣願意成長的心,一切境遇都是最好的肥料和土壤。若不願意成長,只是耽著於彼此的情態和容顏,愛情便沒有了方向,心也不那麼靈活了。那情態和容顏都是會變的,俯仰之間,向之所欣,已為陳跡,尤不能為之釋懷。山盟海誓沒有用,那只是一種短暫的情緒。我們的心本來很靈活,若先有一個預設,反而有束縛了。“言必信,行必果,吭吭然小人哉”。孔子所提倡的“信”,不是誓言,而是信念,是生命的願景與方向,是對自己內心的忠誠。“緣隨願來”,如果我們不知道自己內心最深切的關懷是什麼,如何能在愛情中不迷失自我呢?

我們把對方看作自己生命的支撐,卻不知生命只有靠自己站立。“年之少時,血氣未定,戒之在色。”因為我們太孤獨,因為我們內心不夠充盈,我們會想象一個人的形象來填滿自己的內心,誰知失去時我們會更加孤獨和空虛呢?且又增加了失落與焦躁,仿佛已回不到原來孤單卻安寧的自己。我們自己不願意為自己負責,誰又能承載我們生命的重量呢?愛情一開始總是柔嫩而脆弱的,在它變得堅如磐石之前,不要讓它承載太多的重量。孤獨的原因是我們與世界之間,與其他生命之間失去了聯結,感受不到你與我之間的相互依存、休戚與共。在愛情中,我們找到了與另一個生命的聯結,也進而找到了與世間萬物的聯結。

這種聯結是需要努力去建立的。可能一個人站在我的身邊,我卻並不真的了解她。我以為我了解。相愛的人之間可以坦誠地展現自己,卻不一定願意清空自己去體諒別人內心深處的想法。說了半天還是自己的想法,自己的願望,自己覺得兩個人應該怎麼相處。歸根結底,所愛的,只是自己理想中的形象,並且想把對方變成這個形象。我們有沒有放下自己的欲望,在寧靜中看到那個真實得她?她內心深處的關懷,她當下的狀態,她曾得到的愛與感動、失望與創傷,她希望過什麼樣的生活,她是否適合自己,如何一起成長?互相理解得越多,互相學習得越多,感動和成長就越多。我們不是在想象和文字中構建愛情的意義、生命的意義。意義是在互相理解、代人著想、真心付出中構建起來的。

同樣的,透由傾聽和付出,我們能與一個生命、與大眾之間建立一種聯系,以解除內心的孤獨。孤和獨都是自我,我的感受、我的成見,屏蔽了世界的真實,豎起了高高的牆壁。因為我們與世界的隔膜,又要尋求一種價值來填滿自己內心的空虛,看看,我是有很多優點的喲,我是和你們不同的喲。我們又用種種的矜持、用高慢填滿了自己的心,這樣自己也感覺不到自己孤獨。我們想要融入大眾,可我們在同時卻又在排拒他們。我們想要找個人理解自己,可同時卻不願意放下那傲慢的心。

語言文字都是指月的手,我們卻習慣給事情加上種種的概念,附加上很多意義,用這些概念扭曲了事情本身,也填塞了活潑潑的心靈。能否讓人與人的相處回到最單純的地方,心與心的連結?古人有兄弟結拜的習慣。我們想找一個人來傾聽彼此的心曲。可是我們了解自己身邊的人嗎?我們了解自己的父母嗎?世界上有一個我們真正了解的人嗎?如果我們沒有努力去突破自我的牆壁,我們怎能跨越千裏的距離去走入另一個人心靈的花園呢?相逢本身是一種美。心有靈犀更是難得。

“有朋自遠方來,不亦樂乎。”遠方,不是外在距離的遙遠,而是心路曆程的遙遠。

花未眠


我常常不可思議地思考一些微不足道的問題。昨日一來到熱海的旅館,旅館的人拿來了與壁龕裡的花不同的海棠花。我太勞頓,早早就人睡了。凌晨四點醒來,發現海棠花未眠。

發現花未眠,我大吃一驚。有葫蘆花和夜來香,也有牽牛花和合歡花,這些花差不多都是晝夜綻放的。花在夜間是不眠的。這是眾所周知的事。可我彷佛才明白過來。凌晨四點凝視海棠花,更覺得它美極了。它盛放,含有一種哀傷的美。

花未眠這眾所周知的事,忽然成了新發現花的機緣。自然的美是無限的。人感受到的美卻是有限的,正因為人感受美的能力是有限的,所以說人感受到的美是有限的,自然的美是無限的。至少人的一生中感受到的美是有限的,是很有限的,這是我的實際感受,也​​是我的感嘆。人感受美的能力,既不是與時代同步前進,也不是伴隨年齡而增長。凌晨四點的海棠花,應該說也是難能可貴的。如果說,一朵花很美,那麼我有時就會不由地自語道:要活下去!

畫家雷諾阿說:只要有點進步,那就是進一步接近死亡,這是多麼淒慘啊。他又說:我相信我還在進步。這是他臨終的話。米開朗基羅臨終的話也是:事物好不容易如願表現出來的時候,也就是死亡。米開朗基羅享年八十九歲。我喜歡他的用石膏套制的臉型。

毋寧說,感受美的能力,發展到一定程度是比較容易的。光憑頭腦想像是困難的。美是邂逅所得,是親近所得。這是需要反复陶冶的。比如惟—一件的古美術作品,成了美的啟迪,成了美的開光,這種情況確是很多。所以說,一朵花也是好的。

凝視著壁龕裡擺著的一朵插花,我心裡想道:與這同樣的花自然開放的時候,我會這樣仔細凝視它嗎?只搞了一朵花插人花瓶,擺在壁龕裡,我才凝神注視它。不僅限於花。就說文學吧,今天的小說家如同今天的歌人一樣,一般都不怎麼認真觀察自然。大概認真觀察的機會很少吧。壁龕裡插上一朵花,要再掛​​上一幅花的畫。這畫的美,不亞於真花的當然不多。在這種情況下,要是畫作拙劣,那麼真花就更加顯得美。就算畫中花很美,可真花的美仍然是很顯眼的。然而,我們仔細觀賞畫中花,卻不怎麼留心欣賞真的花。

李迪、錢舜舉也好,宗達、光琳、禦舟以及古徑也好,許多時候我們是從他們描繪的花畫中領略到真花的美。不僅限於花。最近我在書桌上擺上兩件小青銅像,一件是羅丹創作的《女人的手》,一件是瑪伊約爾創作的《勒達像》。光這兩件作品也能看出羅丹和瑪伊約爾的風格是迎然不同的。從羅丹的作品中可以體味到各種的手勢,從瑪伊約爾的作品中則可以領略到女人的肌膚。他們觀察之仔細,不禁讓人驚訝。

我家的狗產且小狗東倒西歪地邁步的時候,看見一隻小狗的小形象,我嚇了一跳。因為它的形象和某種東西一模一樣。我發覺原來它和宗達所畫的小狗很相似。那是宗達水墨畫中的一隻在春草上的小狗的形象。我家餵養的是雜種狗,算不上什麼好狗, 但我深深理解宗達高尚的寫實精神。

去年歲暮,我在京都觀察晚霞,就覺得它同長次郎使用的紅色一模一樣。我以前曾看見過長次郎製造的稱之為夕暮的名茶碗。這只茶碗的黃色帶紅釉子,的確是日本黃昏的天色,它滲透到我的心中。我是在京都仰望真正的天空才想起茶碗來的。觀賞這只茶碗的時候,我不由地浮現出場本繁二郎的畫來。那是一幅小畫。畫的是在荒原寂寞村莊的黃昏天空上,泛起破碎而蓬亂的十字型雲彩。這的確是日本黃昏的天色,它滲人我的心。場本繁二郎畫的霞彩,同長次​​郎製造的茶碗的顏色,都是日本色彩。在日暮時分的京都,我也想起了這幅畫。於是,繁二郎的畫、長次郎的茶碗和真正黃昏的天空,三者在我心中相互呼應,顯得更美了。

那時候,我去本能寺拜謁浦卜玉堂的墓,歸途正是黃昏。翌日,我去嵐山觀賞賴山陽刻的玉堂碑。由於是冬天,沒有人到嵐山來參觀。可我卻第一次發現了嵐山的美。以前我也曾來過幾次, 作為一般的名勝,我沒有很好地欣賞它的美。嵐山總是美的。自然總是美的。不過,有時候,這種美只是某些人看到罷了。

我之發現花未眠,大概也是我獨自住在旅館裡,凌晨四時就醒來的緣故吧。

自分に負けない心


一度刘墉散文を見て、昼間の仕事が終わるといえば、家族も寝ました、夜の時間の中で、彼は一人が好きで書いて筆文字、いくつかの康泰旅遊筆画が、本などを見て。うちが一番好きなのは、これらの時刘墉マイペースを「を負わない私の心」。

この言葉はあんなに適切で、数年来、自分を見つけるのはこの字は的外れ、困ったことに、刘墉ずばり、本当にも速い。

マイペースのこの事信じて一人一人何もできたら、きりの時間を手配するのが自在と、非常に巧妙な境界。

あなたはどこに住んでいて、いつも近所にとって、睡眠には、私の孤灯一向時から朝、言うことができるのは「守望相助駅」により人よりポストを信頼。

夜の生活が好き、黄昏を見るたびに、火ともしごろ、向こうから低く垂れて、心の中にも満ちて喜びと楽しみにしていて飽きないの。夜の生活の人は知られない一群の、もっぱら人は夜と罪のことを結んで関たい。早起きの人に言え威勢そして自分の健康優秀です;遅く起きるのは、新聞社の仕事の少数のほか、一般生活びらんなどと見なされ。最初、この罪悪を背負ってコンプレックスを感じ生きてきた多くの年、父は出勤しない日は、遅く起きました必然面は大きなだと彼に対して親不孝。知っている私の友達、朝10時前には電話の一生を探して、万人、母は言えない夜が明けてやっと寝て、総もう出て行きました。私の勤務と休息の観念で、母も遅く起きて怠惰な行為とは、きっと。

わかってないから、勤勤この2つの字はない負担しない限り他人の供給、ドラッグ衣食、生活をどのように手配する経営も他人とは関係ない、ただ無マイナスは。

負けないといえば、もちろんと紅楼夢。黛玉の康泰旅遊賈府を求めないみんなが好きで、彼女のためにほかならない堅持して自分の心に生きて。身を処して週到にしないとは限らない――倒れない。宝釵心配ない字、廉潔寡欲だけを恐れ、人目を失った照応――この心ならば本当に苦い。人は命の薄い黛玉、私はそうではないとの見方を示し、少なくとも自分について、彼女は負けないの。

眠れない人といえば、大半は「夜更かし」の2字を形容。その熬字にかんしゃくを小四、ストーブ煉丹ようのない五更丹ない。この字を使ってスポットライト下されて疲れ審問の容疑者には、それらの挑灯だ進学の群群のいい子。を余儀なくされる場合で寝てない人は、慢火苦しみを受けた苦しみで、字をしたり、中国の文字でテロが死人。

自分が好きという闇の生活を「夜食」、文字消し属水部、意味の中に含まれている散の本質は、散はいい字のうち持参ストレッチ、無気がない、と熬に比べて、絶対違う。

私の夜食は古く、時間を吟じ生涯詩人の李白は夜の中で過ごして、最後に水中捉月で行っても、もちろん起きて夜を思えば、彼は生活にわかる人の夜。

夜に寝る人は、大半の昼間艱苦、疑いがある現実逃避の者で、昼は過ごしにくい、全世界でも眠る時、独目が覚めた人が結局感じ方が安全。私個人はこんなから瑪。

現実の問題といえば、普通の親友はいつも、実在の条件にこれを定義する「現実をよそに、ないよ!現実の生活は、とても殘酷で、あなたは、現実の空いたご飯を食べるか……」私はずっとなどなど、ある日、一人が私に言って、日常生活はもちろん一種の通る磨くばかり考えて、しかしもし衣食を経営、忘れた心のうるおい、それも円満でないの人生、この「心」と「形」はもともと兼美の共存。一般臆病な人で、心の憧れと照らし行事と、腹をへらすようがない、行は実行してもこない、これは偽分かって本当に臆病。

昼間、私も上人と考えることが自然の責任を処分し、さらに尽力して週到。責任は美しくて、それによって人の生活意義が、同時に人にプライド自重の推進力。責任の背後には次の承は伝わる流れている千万因果、このデリバティブ、重なり合うように、繁華派手な、七宝の高殿、解体をはずして建築、その奥にいくら玄妙な道理はどんなに見事で面白い。世界が微塵のようにあると私は、日律の運転中の幸いにも人。

仏教無我無私を強調し、自分もなかったかもしれないと強調し、悟が間違っていたので、なかなかできない。自分はどっちつかず、常に、には、昼間は無我夢中でも、夜食の旅の中には、全く忘れて、これもしないが、自分に責任をさらに不忍深い満足。

と言って話し遅く起きることで、大半は夜遅く起きる不寐の人ならではの現象。面白いのは「遅い」という字は、ユニットを見ると、あるのに「晩」という意味に分かれて読むと「こんにちは」。一日の計は晨、無計の人は起きて、日はもちろん、不安になった、本当にすごい。

もちろん好きでも嫌いでもありません責任、無責任、引き受けないことから、度胸も小さいものだけで、他人と及び社会2は相渉した場合には、例えば、全世界で寝た時。

習慣も1杯浸すお茶、時1本淡烟、おだてて本、亮ランプ、本とに人物草花秉烛夜游で行く。試験を特定しない限り、本の種類はとてもそれが真面目すぎて。易経老荘三国もちろんできて、武侠探偵恋愛は別にかまわないでしょう?。新聞雑誌の最も美しいチラシ、辞書も発音中西だけじゃない。生活ライブラリーあの叢字が自由に、この康泰旅遊不耐また叢の好きな方を自由に選ぶ。清末小説も繁華の錦の中華ノートも風味かもしれない。封神榜確かに面白い、伝記文学じゃない?宗教哲学をいかに運字表現に見えない神か、六法全書味のあるはどう創造条律制約人間性。

史記がきれいだし、見る司馬遷どう書く項羽、水滸精彩、随魯智深と共に仏果を得る。は资治通鉴媚で悪賢い、才知王子さま純がどんなに簡単な。「紅楼夢について……妖本噯部。

講談闻大海潮音倚馬が、勢いよく流れて、千の言葉もないまで、本当にすっきり、少し死ぬ。

本はいくつかの境界に見てはいけない。古今東西の詩と歌賦描写夜文句に上げて、最も“カエデの橋停泊」1首の常駐私の心。この時は、夜半鐘、もし客船で人が急に切ってろうそくで本を読んで、私は本を読む同類の中で、唯一死罪。

よく怨怪隣人徹夜マージャンに悩む人は、自分が同じじゃない~にひたる本に夢中になっている。一見ごく同じでなくて、実は道楽の限りを尽くすの腹の中にまさかないと三昧。言いたいのは、こだわりは「酔酔酔揺れて落ちる中、裏ではそれぞれ」という言葉は確かに悪くないが、酔ったの表面とその酔法は、本質的にあまり区別がない。

人は本の虫は本の虫を聞いた感じは私を呼んで、呆は先天的な古いしきたりに囚われる、馬鹿は明後日の甘んじて、彼らの違い。

よく聞いて友達もいくつかの近況を言って、その中の一人は勉学に沒頭するといえば、きっと粛で起敬挙座。ある人はあら徹夜マージャンに衛生とか、反応がある淡々と。これはおせっかい。

ご鑑賞のいくつか人は倒れないように苦い功名苦学するを求めて、字の顔、まゆしわに加えて鼻や口。苦学する表情は美。みんな楽しみに見て命を隠しの楽しみ、興味深い人、へ出向いて必然すばらしい人生は退屈と空虚、マイペース楽しんでないかぎり、個人の乐建立他人の苦痛では、この社会の必然とは楽。

とても敬目的の読書人、敬遠する。わざと学問の人だと思っても、古いはわざと読書など必然浪投げ光陰。目的のある読書人が最も恐れてはっきり見えない人は彼らと同類、よく見るのはまともな強調厳粛有為の本が助かって天国の彼らしか。安んぞだけは読書とは人生至乐の別のいくつかが全くない収穫ですか?

一夜を夢中にされて探偵小説、耳元に突然聞いて溜息軽く笑って、笑って言います:“私は恥じる宝剣を見るだけと、山。」這句話本は1位の王曾国藩幕僚自認懐が重用されないで出すと、その時に限って生まれとい。この言葉、止まって本を読んで、数秒がに答えた一句:「長剣短剣と、山を見ている。」安心の道を追跡し、本は半分、犯人が釘付けにされ、結局案の定、作者はまた負け一局。絶好の識字本領、軽い読み物にたとえも恥じるが全然無用。

もちろん、何事も含めて代価を払わ、少しきついマイペース。忙しくてもう疲れた日に、睡眠不足はないと体の借金が多く、貸し手から催促する。しかし一日は本を読んで、総覚面構えは事実上、三日は睡眠が顔に暗い、半生足に寝てない、早めに眠り、この道理を誰がわかりますか。聞いて病みつきになると言う人は、恥ずかしい、真剣に考えて戒者はまばらで、宁死振り向かない者も多く。

しばらく前の体に魂を巻いて、苦しみも、病。医者が尋ねる生活の日常生活から睡眠、診察料高貴ば、誠実と経緯、医者を切るというか、快諾サイン。早く苦早く、早く早く楽、しばらく春去秋来また景色。医者は別れ訓話、例えばタバコ吸っては多すぎることができなくて、神の傷、心は妄動、本を見ない狂はまた、「夜は早く眠る」の4字と繰り返した三回、そして病家答えを待っている。

あの時の情景は杏林春暖図を見て、でも目の前に医者にも『水滸伝』であの正と魯智深摩頂受け記の智本当に長老、長老は言ってはいけない、それは、真夜中に二は、四必要戒……。長いことしゃべっていたが返事が通して、そして誠実お礼真言、言います:“私は覚えている。」医者抱擁に別れを告げ、見落としました病家隠れ心機だけと、「覚えている」と答えていないかどうか、」。

人生最大の主人公は喜んで、は甘んじて。生きている夜寝るまでもくらいなら死んで。本は少ない見たり変更を見てやっとお昼昼生計酔生夢死、まさか換え夜ですか?昼夜にもう一度兼美、健康は大事に小さな譲歩。人生の百年に一瞬、生き延びる少活五十百歩微差がないかぎり、負の心、笑いも可置。

古人は現代人に読書の大半を求めて功名運が良いだけでなく、病気、寺院に読んでいるうちにまだ鬼女が投怀送抱、それらの体の悪いだけを持って錐刺株できない居眠り。そんなに求めるのは科挙の試験に受かるだが、新婚かもしれませんが、招き猫を皇女の夫より錦上に花を添える。書生は豪華に着飾ったセリフでないから、読書を続けるといえば、これを書くのが良すぎて、さもなくば成否筆。

紅楼夢に賈宝玉が好きな女の山の中に、事実上も何もしていないのにまともなこと。宝玉を見て、詩作する自己陶酔、にぶい馬鹿でないようの読書人の姿は、どうしても姉と妹は彼を愛して。兄は宝といえば、現世の女子のように夢中になるためのためだけに彼の最初の心だ。読まない本を読んだり、何ても大丈夫ですか?

ところで、貴族の子弟暑さ寒さを知らぬ凍空いて、大変穷愁潦倒やせ書生より寺。本を読まない食べるご飯がない、あなたも読んでは読まない。

心のなら、論点は何でない贅沢というものはすべて、さもなくば流行歌に負心的人はそんなに人気がある。自分の心の監視担当、誰も行かないマイナスそれ。まるでクロークに預かり物、それで号を衣の看板に気をつけなければ、失われた、保管、衣類取り戻せない他人のせいではない。世の中に賛人、「はい!人の心は。」この言葉は中国語ほど言ってしないでください、他国の人。

正負の心の問題といえば、心の平安と楽しい、負けない、負けない必然は安心して、安心しても戻らおめでとうございます、本当に奇妙な。

最近は権威のある心理学者レポートを発表、言うのは——一人を抱いては日常の仕事と娯楽を楽しむだけでなく、より大きな効果をそこに精神病質の可能性を減らすことができる最低。これは権威のある学者の話は、私が出てくるの編。中国語で意味で言うと、このレポートは、丁寧な遊び世?また、コーラを持つ給料もまた、寝る、面白くない仕事を創造して遊ぶことができるの興味に成績が来て、本文の第3度兼美も。

いつつの観念が少ない人は当時から注意――エジソンに発見がそんなに多い詩人ホメロスを発明します;は吟じ遊走伝ないギリシャ史詩;蒼頡取り入れる解体をはずしてかけかけで中国の文明は偉大な思想工具;居礼さん奥さんを探して探して左右対称の法則を確立しコバルト実験電流;相対論の最も重要な証拠から水星歳差;民間伝説は町人リザレクション食後のお茶……これらのいくつかの生計はと関係のないに遊んで、人類の文明に転化して伝わる遺伝子と動力。

世間は馬鹿で味だけで読めないと思って、でたらめで、上段あれらのに夢想は実は根本いちいち表現。愛さえ読書の人、その中でどのくらい今ペン楽ファン。痴奥まで、必ず現三宝、究極の謎まで、また天地。世間を深く追究する勇気がない、ただ避けない、平々凡々も福寿人生、钟鼎山林、強制することができないからといって、小さいマイナス1度の人生、最終的にはちょっと惜しい。

工夫を凝らし负人はもちろんだが、マイナス己すぎては損失。一度友達を交換ペンネームで、「無心」を見て、彼は顔を無心物寂しくて、自分がどのように得ていない、笑顔が映った;勧めている改名でしょう、ただ暗くて笑うと、賢い人が悲しんで捨てない大賢い暗算。無我夢中で仏教の人、世間の人を夢中になって本当にやり遂げることができ、また必要とお手数を仏よう忠告する。可視仏陀の思いやりも苦心したく、心の仏は無心。

人の心は神具衆かにしなければならないので、万事。辞海辞書の中、光はこの心を引き出す合計90字例は心で生の境地。90はただ賦定の言葉が、その変化の境地が千兆情境、そんな大切なもので、世間話さえあると感じる時をわきまえない。金を儲ける人に興味を持って、儲けて心を聞いていない。

刘墉からの一言が生まれ、そんなに多く心得、いつも暇走笔暇、夜食は章。

心のように、よう万丈まちがった道、遥亘千裏、うちは船頭が人を渡すには、他人には歯がゆかっ渡。心は、真剣に苦しみは探して、かえってず、とりとめがないことを書いてからにほかならない生の欢悦快意、冷たい雨に際して夜を過ごし、たって、私の心を負わないだけだ。

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R